スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川八幡祭り ~水掛祭り~ 午前の部

2008/08/17 (日)  カテゴリー/★PLAY

さあ、今日は深川八幡祭りのメインイベント、
神輿連合渡行です。

朝6時過ぎに起きて、まずは町内の神輿の出発を見学です。


町内の神輿の出発場所は、伯母の家のほんの
数十メートル先にあります。

早朝にもかかわらず、集まった担ぎ手達の熱気に包まれていました。

伯母のご近所さん達も集まってきて、
その中のお一人が面白い事を教えてくれました。

何でも、昔は神輿を女性が担ぐ事はなかったそうです。
神輿に触る事も出来なかったとか。
唯一神輿を担げたのは芸者衆のみ。
そう言えば、深川には辰巳芸者がいましたね。

「堅気の女性は担ぐもんじゃないと言われたのよ~」と。
それを考えると、今の女性はとても恵まれています。



町内の神輿の出発を見送った後、
いよいよ朝の部のメインイベント、富岡八幡宮に出発です。

080817_0731-1.jpg
<左>神主さん
<右>和太鼓

各町を出発した神輿は、一旦永代通りに集まり、
一基ずつ富岡八幡の参道入口前で八幡様に向き直り、
神主さんのお払いを受けます。

何しろ神輿は57+1の58基。
(今年は、奥州平泉から、ゲスト神輿が来ていました)
先頭は7:30に出発ですが、
最後尾は9:00に出発です。
途中、何度も神主さんが交代していました。

080817_0829-1.jpg
<上段>富岡八幡の方を向く時、神輿は高く掲げられます。
<下段左>神輿の後にはハッピ姿の人が続きます。
<下段中>神輿の前には、町によって異なりますが、
      女の子達が列を作って歩いたり、
      花笠のおじいさん達が歩いたりします。
<下段右>神主さんの近くには、黒い半纏に着物に草履の人も…


私は少しずつ前に進み、神主さんのすぐ横で見ていたのですが、
ここで総代のおじいさんに、沢山面白い話を伺う事が出来ました。


そもそも総代とは何か?

どこの町のハッピでも無い、背中に鳩がかかれた
ハッピを来た方達が神主さんのそばに数人立っていて、
神輿に色々注意したり、上半身裸になっちゃっている人を
「何やってんだ、おまえは!」とつまみ出したりしているんですよね~。

この方達ってどんな方達なんだろう?と疑問に思った私は、
そばにいた鳩のハッピのおじいさんに聞いてみたんです。


このハッピを着ているのは総代と言われる方々で、
これは各町内会の代表が集まった、
祭りの生き字引みたいな物だそうです。
単なる代表ではなく、散々神輿を担いできた経験者

だからなんですね、何だか気風が良くてカッコいいのは。
ちなみに私がお話をしたおじいさんは、
もう80年以上も深川のお祭りに参加して来ているそうです。


このおじいさんは、他にもとても面白い事を色々教えて下さいました。

イチゴ神輿の四隅の房がブランブランと揺れているのは、
  上手に神輿を担げている印
 (↑かつぎ棒の前から後ろまで、みんなの足並みが揃わないと揺れないそうです)

イチゴ神輿を高く上に持ち上げる事を、「さし上げる」と言う
 (↑永代橋では【差す】から見ものだよ!とおじいさんがおっしゃって、
  差すってなんですか?と聞いたら教えてくれました。)

イチゴ何度も上下に揺らしてから上げる事を「もみ上げる」と言う

イチゴしんがりの神輿「深濱」の前に大漁旗が掲げられるのは、
  もともと深濱が漁師町だったから。
  幕府は浜松の漁師達に深川の地を与え、
  幕府に魚を献上させていたそうです。
  家康公が駿府の出だと言う事と関わりがあるとか。


みんな、聞かなきゃ知らない事ばかり。
とても興味深かったです。



あ、あと、下段右の黒半纏の男性が、
半分(かかとの方は完璧地べたについてます)しか
草履を履いていなかったのですが、
なんと、これが粋な履き方らしいです。

これは近くで見物していた女性が教えてくれました。
「全部履くなんて、野暮よ、野暮!」だそうです。

こんな事、普通知らないですよね。
下町の粋って、口伝なんでしょうか。
こう言った事を、おじいさん・おばあさんから教えてもらえる人は
とてもラッキーだと思います。

この記事へのコメント

ホント、早朝とは思えないほどの
活気ですね!
町内の人の気合の入り方が分かるよ!
伝統を守ってる、ってカンジが
しますね~v-221

atomu | URL | 2008/08/22 (金) 21:15

下町情緒あって凄くステキ。
miumiuもここに住んでたら、担ぎ手になっていそう(笑)
ってか、私もやってみたい!
そういえば、地元でも神輿をやっている人がいたけど、皆若い頃ワルだった子が参加してた。やっぱりかっこよく見えるからかしら??
でも、ここのは粋があって別物なんだろうな。

ru-! | URL | 2008/08/23 (土) 00:29

>atomuさん
ほんと、早朝から活気がありました。
富岡八幡宮での出発を見る人なんて、
そんなにはいないだろうとたかをくくっていたから
八幡様の人出にもうびっくり。
こう言うお祭りで、町内会の結束が強まるんだろうね。


>ru-!ちゃん
確かに、ここで生まれ育っていたら
担ぎ手になっていたかも…。
でも、すぐにはじかれる様になっただろうな。
総代のおじいさんが教えてくれたんだけど、
身長を考えて担ぎ手の順番を決めたりするんだって。
私は肩が届かないから、
(それどころがぶら下がる?)
絶対迷惑かけるもんな~。(+_+)

miumiu | URL | 2008/09/01 (月) 09:34

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。