スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ PartⅠ

2008/11/01 (土)  カテゴリー/★MOVIE

今月は1日が土曜日だったので、
ダンナ様と映画を見に行きました。

1日(映画の日)が土曜か日曜だった時は、
映画を2本見に行く事にしています。



今回見たのは、7月の公開初日に見に行った「崖の上のポニョ」と
もう一本は「レッドクリフ PartⅠ」です。

ポニョは、ダンナ様のリクエスト。
もう一回見たいとずっと言っていたので。

レッドクリフは私のリクエスト。
三国志には明るくない私ですが(って言うかほとんど知らない…)、
面白そうな感じがしたので。

redcliff_wp2_s.jpg

レッドクリフ PartⅠ HP
http://redcliff.jp/index.html

レッドクリフ…赤壁の戦いはPartⅡで描かれる様で、
PartⅠではそこに至るまでの様子が描かれています。

曹操・劉備・孫権等に関して、
「ああ、確か世界史で勉強したなぁ…」と言う位の
知識しか無い私でも、すーっと入ってくる様な感じで
当時の覇権争いの様子やそれぞれのキャラクターが
飲み込めます。

三国志三国志演義を読んだら、
とても楽しめるかも。


戦いのシーンは圧巻で、
とにかく男どものカッコいい事と言ったら!!らぶ


関羽の眉毛、ありえない感じで素敵。
とにかく彼の眉毛はいかしてました。
一人敵軍の中に残り戦うシーンでは
どうなるのかひやひやした~。
曹操とのシーンでは、二人とも【男】だなぁと
ほれぼれとしました。

張飛はとにかく力自慢なキャラクターに描かれていました。
彼の戦い方は、この時代にこれってあり?
と思っちゃうんですけど豪快で良かったです。

趙雲は映画の冒頭の方でも活躍するシーンがあって、
ある物を体にくくりつけて戦うんですが
良くそれで戦えるなぁ。凄い。…と感心。
私的には趙雲が一番好きです。


彼らの戦い方は正しく『一騎当千』。
言葉そのままの戦いっぷりでした。
本当に一人で千人の働きをしそう。


こうやって考えると、戦国時代って言うのは
英雄が英雄でいられた時代なのかもしれませんね。

今の時代の戦争では、
きっとこう言う形での猛者は現れない…かな。
今の武器では、この間まで素人だった人だって
ある程度の殺傷能力を簡単に身に付けられるんですから。

過去にしろ現在にしろ
戦いや殺し合いは恐ろしいものだし悲しい事だけれど、
今の様にトリガーの一引きやボタンの一押しで
相手の命を奪うような戦い方の方がより恐ろしいのかもしれないですね。
命を奪う実感もなくそれをするなんて。


さてさて。
レッドクリフ PartⅡですが、
公開は来年4月だそうです。

待ちきれないってば…エー手書き風シリーズ汗1

この記事へのコメント

三国志って全然内容分からないから
本でも読もうかと思ってたところだったの。
映画見てから本を読んだほうが
分かりやすいよね。
私も見に行こうかなぁ・・・

atomu | URL | 2008/11/05 (水) 23:46

映像だと文章より印象が残りやすいし
とっかかり易いよね。
でも、キャラクターに対してのイメージが
映画の物で固まっちゃうかも。

戦いのシーンが、「ありえね~」って感じなんだけど
本当にカッコいいよ♪

ちなみに、PartⅠって言うのは
試写会で「赤壁の戦いが始まってもいないのに
次作に続く…とは何事だ!」と言う
怒りの意見が多くて、急遽題名に追加したんだって。
最初から前後篇って書いときゃ良いのにね。

miumiu | URL | 2008/11/07 (金) 10:23

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。